HOME>オススメ情報>失った歯にはインプラント治療がおすすめ!【治療の魅力について】

失った歯にはインプラント治療がおすすめ!【治療の魅力について】

歯科治療

歯科で受けられる治療

歯を失ったとき、一般的に歯科で受けられる治療方法を挙げてみましょう。まずは入れ歯。部分入れ歯は残された歯に金具をかけて固定するのに対し、総入れ歯は上あご又は下あごの歯茎に直接装着します。次に、ブリッジという方法があります。これは失った歯に隣接する歯を削った上で土台にして、上から冠のように義歯をかぶせるやり方です。また、審美歯科でも行われる治療に、インプラントがあります。これは顎の骨にインプラント体を埋め義歯を固定する方法です。

インプラント治療で得られるメリット

インプラント

残っている自分の歯への負担がない

入れ歯やブリッジは、隣接する歯に金具をかけたりかぶせたりして固定しています。それに対しインプラントでは、インプラント体が直接顎の骨に埋められ、そこへ義歯を取り付けるという独立体のため、他の歯へ影響が少なくて済みます。金具をかけることで健康な歯が虫歯になってしまう、噛むことで他の健康な歯に負担をかけるといったことがありません。

義歯を固定するからしっかり噛める

特に奥歯に関して、見えないところなのにインプラントをするの?と思う方もいるかもしれません。しかし奥に生えている臼歯が確実に固定されていなければ、うまく噛むことが出来ないばかりか、噛み合わせが悪くなり顔や体の歪むもととなることも。インプラントは顎の骨に土台を埋めるという固定式なので、噛み心地は天然歯に一番近いと言われており、安定性がよくしっかり噛むことが出来るのです。

審美性・機能性に優れているため、満足度が高い

インプラントの見た目の美しさは、金具などを用いる他の治療法と比べても格段に優れています。歯医者さんに相談し矯正やホワイトニングを併せて行えば、更に美しさを追求することも出来ます。また、事故などで抜歯を余儀なくされた場合おいても、ほぼ元通り、もしくはより美しく復元可能なインプラントでは、精神面でのメリットも大きいことでしょう。見た目にも機能的にも天然の歯と変わりなく使用できるため、その満足度はかなり高いと言えます。

広告募集中